-

第15回神奈川県ライフセービング選手権大会 2013/07/30

The 15th Kanagawa Surf Lifesaving Championships


神奈川LS大会05
 5月26日、房総半島を沖に眺めることができる、三浦海岸(神奈川県三浦市)において、「神奈川県知事杯・第15回神奈川県ライフセービング選手権大会」を開催、23クラブ143名の選手が参加し、3つの個人種目と1つの団体種目で競い合った。

 シーズン最初のサーフ競技会となったが、サーフエリアでは、数少ない波を巧みにつかみ、レースを進める選手がみられるなど、各選手たちの活躍が会場を沸かせていた。

 また、昨年は会場の都合により開催できなかった「ビーチフラッグス」には、72(男子55名・女子17名)がエントリーし、熱戦が繰り広げられた。

 総合優勝は、「湯河原ライフセービングクラブ」2位「湘南ひらつかライフセービングクラブ」3位「西浜サーフライフセービングクラブ」だった。なお、優勝した「湯河原ライフセービングクラブ」には、「神奈川県知事杯」が授与された。

神奈川LS大会07  神奈川LS大会09

 本大会は、神奈川県内のライフセービング活動の普及・発展を目的とし、第1回大会を1999年に開催。第2回大会は、県内最東端海岸「横浜海の公園」より、県内を西に向かって転戦、昨年の県内最西端海岸「湯河原海岸」で開催された第14回大会をもって、県内を縦断することができた。

 県内縦断を終えた大会の次のステップとして、新たに「地域クラブの活性化」を開催目的に加え、「学生」「社会人」が一つの地域クラブから参加する大会として開催した。今後、これを活かした大会運営を目指していきたい。

 本大会開催にあたり、多大なるお力添えをいただいた、三浦海岸サーフライフセービングクラブ・上村会長、藤田副会長、小串監視長をはじめ、クラブ員の皆さま、三浦海岸海水浴場運営委員会様、三浦市様、関係諸機関・諸団体の皆さまに御礼申し上げます。

【お詫び】
 当初、総合結果につきまして、再集計をしたところ、1位と2位が間違っていたことが判明し、訂正をさせていただきましたが、1.ブロッキングシステムの得点配点を勘違いして配点、点数そのものが違っていた。2.本大会規定により、総合表彰は県内クラブのみ行うため、総合順位から他県クラブを外す作業があったため、配点の合計を間違えていたことが分かり、2位と3位の順位も入れ替わることが判明いたしました。
 総合結果の再集計ミスという、あってはならない事態に対し、重ねて深くお詫び申し上げます。この事態を真摯に受け止め、本大会運営の見直しを図り、選手・クラブ員・関係者の皆さんのご期待に応えるべく、再発防止に努めていきたいと考えております。
 何卒、ご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

-総合結果-
 優勝 湯河原ライフセービングクラブ
 2位 湘南ひらつかライフセービングクラブ
 3位 西浜サーフライフセービングクラブ
 ※4位以下の訂正はございません。

大会結果(PDF)→ 第15回県選手権大会結果 



-
-