-

第12回神奈川県ライフセービング・プール競技選手権大会 競技結果 2014/11/04


日本新記録2個、大会新記録12個、大会タイ記録1個樹立!!


2014年11月2日、さがみはらグリーンプール(相模原市中央区横山)にて、33チーム449名の選手が参加し開催した。
ジュニア種目は、来年3月、平塚において「神奈川県ジュニア・プール競技会」を開催するた今大会から外れ、一般選手のみで行われた。

開会式は、日本ライフセービング協会・入谷拓哉理事長、神奈川県水泳連盟・安木政二副理事長をご来賓としてお迎えし開会、主催者を代表し、当連盟・土志田仁副理事長が挨拶を述べた。
選手宣誓は、湘南ひらつかライフセービングクラブ・古泉俊二郎 選手、オフィシャル宣誓は、久保亮介 審判員が力強く行った。

IMG_4558_R IMG_4567_R

個人種目では、男子50mマネキンキャリーにおいて、平野 修也(東京消防)選手が日本記録を0.86秒上回る31秒27、安藤 秀(湯河原)選手が日本記録を0秒59上回る31秒54にて日本新記録/大会新記録を樹立、男子100mマネキンキャリー・ウィズフィンにおいて、西山 俊(湯河原)選手が日本記録を1秒31上回る48秒63にて日本新記録/大会新記録を樹立した。
平野 修也(東京消防)選手は、100m障害スイムにおいても、大会記録を0.01秒上回る56秒29にて大会新記録を樹立した。

IMG_4611_R IMG_4653_R

女子50mマネキンキャリーでは、青木 邦(湯河原)選手が、大会記録を0.05秒上回る38.22にて大会新記録を樹立、女子100mマネキンキャリー・ウィズフィンにおいても、自身の持つ大会記録を3秒41上回る、1分01秒49、渡邉 来美(岩井)は1分03秒67にて、大会新記録を樹立した。

IMG_4591_R IMG_4577_R

男子4×25mマネキンリレーにおいて、九十九里ライフセービングクラブが、昨年同クラブがマークした大会記録を4秒65上回る1分16秒17にて、御宿ライフセービングクラブが1分20秒63にて大会新記録を樹立、神津島ライフセービングクラブが1分20秒82にて大会タイ記録をマークした。

女子4×25mマネキンリレーにおいても、湯河原ライフセービングクラブが、昨年同クラブがマークした大会記録を10秒39上回る1分34秒92をマーク、神津島ライフセービングクラブは1分41秒79にて大会新記録を樹立した。

男子4×50mメドレーリレーでは、湯河原ライフセービングクラブが大会記録を0.8秒上回る、1分35秒52をマークし、5年ぶりに大会新記録を更新した。

IMG_4719_R IMG_4575_R

閉会式では、藤田善照審判長が本大会の講評を延べ、当連盟・菊地一郎理事が閉会の言葉を述べ閉会した。
日本新記録3個、大会新記録12個、大会タイ記録1個が樹立され、盛会のうちに幕を閉じた。

IMG_4729_R IMG_4744_R

本大会開催にあたり、関係諸機関、ご協賛各社様、オフィシャルの皆さまに多大なるお力添えをいただきました。
心より御礼申し上げます。

IMG_4760_R



-
-